ハートスイッチ倉敷校教師・受講者の声

一週間の振り返りレポートから・・生徒さんの声

開校して3回目の週末でした。
スタッフも日々授業や関わりの中で、生徒さん達の “できる”=達成感や満足度 そして
その部分を “大切に伸ばす” “気付きの大切さ” を共有させて頂いています。
生徒さんからご了解を頂きましたので、コメントを紹介させて頂きますね。

振り返りレポート より

一週間目(3/8付)   色々とフォローして頂く場面が多かったので、とても助かりました。
これから先もそういう場面があると思うのですが、少しでもうまく
やっていけるよう頑張ります。

二週間目(3/15付)   こちらに通うようになってからは、前より有意義な時間を過ごせる
ようになったと思います。ここで学んだことを実生活にもうまく
活用していきたいです。

三週間目(本日3/22)  今週は水曜日が休日でしたが、その日に具合が悪く翌日(木曜日)も
あまり持ち直せなかったので、帰ってから休みをしっかりとる対策
をすればよかったと思います。新しいスタッフの方とも色々話が
できたことは良かったと思います。

確実に前進しておられる様子が伺えて、我々スタッフも嬉しいコメントでした。

生徒さんの作品です

250311植木さん作成のイラスト生徒さんが休み時間にホワイトボードに可愛いイラストを書いておられたので、ハートスイッチ学校の案内ボードへイラストを描いて頂きました!
イラストはご自宅で飼われている猫、コメント(Come on join us!)も考えて下さいました。
教室のある倉敷西ビル7階エレベーターロビーで、皆様をお出迎えさせて頂いています。

朝礼

どこの企業でも行われる朝礼。ハートスイッチ倉敷校では、朝礼を生徒さんに進めて頂けるようマニュアルを準備し、ラジオ体操や1分間スピーチ、スピートの良いところフィードバックして頂く係りなど、相手の良いところを認め合いながら 話す事に慣れて頂くことを目標に朝礼をしていきます。
今日は授業初日でしたので、講師(スタッフ)が司会役、スピーチ役、フィードバック役をしながら進めてみました。 また、ラジオ体操は体験者や支援者の方も参加して頂き、みんなで♪声を掛け合いながら「ラジオ体操 第一」をしました。
朝礼風景の写真

ハートスイッチ倉敷校 開校しました

25年3月1日、ハートスイッチ倉敷校 開校しました。

「就労移行支援事業」とは、障害者自立支援法において障害福祉サービスとして創設された事業制度です。一般企業への就労を目指す障害者手帳をお持ちの方々に最長2年間通所していただき、就労に必要なコミュニケーションスキルやPC知識や技能修得、職場実習。そして就職してからの6か月間は職場との調整・サポートもさせて頂きます。
企業が障害者雇用を考えた時、求職者側と企業側とのニーズはマッチしない部分が多くある場合があります。企業はコンプライアンスやCSR(社会的責任)の観点で障害者雇用を進めていますが、職場環境や業種特性など多くの制約が存在し就職しても定着が難しい現状もあります。
 就労移行支援事業『ハートスイッチ倉敷校』は、就労希望の方々の目標や夢を共有しながら、通学して頂く方達ひとりひとりの得意分野や適性を、作業療法士がアセスメントし企業の仕事や成果に置き換えられるような支援メニューを開発していきたいと考えています。
 既に実習の受入先として、既に多くの企業様にご協力いただけることになっています。多種多様な職種の企業様と連携を取りながら就労移行支援として運営していきたいと思っております。

2月25日からの内覧会で、当事者、ご家族や支援者も多く見学に来られ、通学を決められた方もおられます。我々スタッフ一同、その方にあったスピードで応援して参ります。