ハートスイッチ倉敷校教師・受講者の声

【倉敷校】施設外就労へ行ってきました

tamakatu2s

グループで繰り返し施設外に出ることで、生徒さんの意識を「働く生活」に向け、社会復帰に向け、働くためのスキルや自信を育てることを目的に、定期的に倉敷市内にある企業様を訪問し封入作業等の訓練を行っています。

今回は、企業様から指定されたチラシをセットして封筒に入れた物をシールで封し、指定の束にして箱詰めしていく作業です。今回は4日間訪問させて頂き、回を重ねるごとに完成部数が増えていきました。作業を行うだけでなく、役割分担も生徒さんたちで考えています。効率の良い人員配置をメンバーで意見を出し合いながら決めていきます。

今回、初めて施設外就労に参加された生徒さんはいつもと違う環境に緊張しながらも、生徒さん同士で協力し合いながら作業に参加することができました。4日間の施設外就労が終了した翌日は倉敷校で振り返りを行いました。「試行錯誤しながら何度も役割分担を変えていった結果、スムーズに作業が流れる役割分担が見つかり次回につながった」と生徒のみなさん次回にも意欲を見せていました。

※ 地域の企業様のご協力頂き、パソコンを使った事務作業やデータ入力、製造会社での軽作業など定期的に施設外就労を行っています。