ハートスイッチ倉敷校教師・受講者の声

【倉敷校】バドミントン大会と新しい一面。

本日は待ちに待ったバドミントン大会が催されました。

天気もバドミントン日和で、倉敷は最高気温31℃
倉敷体育館の中はサウナ状態でした(笑)

イベントを楽しむ主役はもちろん利用者様。準備、運営するのも利用者様。
会場・移動手段・道具係によって会場まで安全に到着し、手配・道具に不備はありませんでした。

チラシ・チーム編成係によって決められたチームで、楽しいチーム名を付け
一体感を持って試合に臨んでいました。

弁当注文係が事前に注文していた美味しいお弁当を食べながら、
普段会話する機会が少ない利用者様と交流できました。

試合ルール係が作成したルールで全員が楽しく白熱することができ、激戦を制した優勝チームには
賞状・景品係が準備していた表彰状、景品が授与されました。

優勝したチームは「タンタンメンチーム」
なぜこのチーム名なのか・・
それはご想像にお任せします(笑)

バドミントン経験者の方もいれば、体育の授業以来ラケットを握っていない、という方。
淡々とプレイされる方もいれば、負けず嫌いな一面も強く出ていた方。

そしてチームメイトだけでなく、相手チームにも気を配って声を出したり
盛り上がるように、皆が楽しめるように返しやすいショットを打つなど、
普段の授業や訓練では見られない素晴らしい一面が見られた方もいらっしゃいました。

こういったイベントを通して、
自分の新しい一面、周りの方の新しい一面を見て
成長へと繋げていっていただきたいと思います。

■ ハートスイッチ倉敷校 職業指導員 ■