ハートスイッチ倉敷校教師・受講者の声

卒業までの変化と成長。

本日ハートスイッチ倉敷校から、2人の利用者様が卒業されます。
一人は就職、
一人は実習を経てから就職、
という形。
2人ともしっかりとした挨拶、最高の笑顔で巣立って行かれました。

私が支援員として入社した日にはすでに倉敷校に通い、訓練を積み重ねていたお2人。
「当時」「今」では見違えるほどの大きな変化成長が見られています。

まず一つ目は「挨拶」
朝や帰りの挨拶だけでなく
廊下や外ですれ違うときや、お客様が来られたときなど、
元気な声でハキハキと挨拶することができるようになりました。

そして二つ目の変化は「表情」
楽しいプログラム、レクリエーション、休憩時間などで見せる笑顔、
一斉授業や訓練を受ける時の真剣なまなざしなど、
自身の感情をしっかり表現できるようになりました。

そして三つ目の大きな成長は「リカバリーする力」
ハートスイッチでの様々な訓練や経験は、多くの利用者様にとって
初めてのことばかりです。
毎日通うことだけでも体力的にきびしく、しんどいこと。
ここでは、必ず失敗を経験します。
たくさんの失敗から、何度もリカバリーしたからこそ「今」があります。

多くの変化がある中でも、卒業されるお2人には、
この3つの大きな成長が見られていました。

そもそも、失敗なんてないのかもしれませんね。
人生において失敗があるとしたら、
「実は失敗なんて一つもない、という真実に気づかないこと」
なのかもしれません。

明日からの就業・実習生活、
心身ともに健康で、且つ充実した日々を送っていただきたいと心より願っています。

■ ハートスイッチ倉敷校  職業指導員 ■

施設外実習

先週は施設外実習に行って参りました。
今回実習させて頂いたのは、チラシの封入作業です。
担当者の方から大量のチラシを用意して頂き、順番通りに封入していきます。

手順
1.セット
私の背丈ほどもある、高いタワーのようにそびえ立ったチラシを
1部ずつ指定された順番に並び替える
2.チェック
1でセットしたチラシの順番や枚数、向きにミスがないか確認
3.封入
セットされたチラシを封入
4.箱詰め
完成した封入物を50部ごとにまとめ、ボックスへ


普段
は一度に作業する人数は5~6人でしたが、
なんと今回の人数は10人!!
それぞれ種類の違うチラシを、2グループに分かれて作業を行いました。

新しいこと、今まで経験したことのないことが本当にたくさんありました。
経験のある方ばかりでなく、初めての実習に疲労のうかがえる方もいらっしゃいました。
しかし、最初は不慣れだった作業にも徐々に慣れ、
最終的には
今までと変わりないほどの部数を封入することが出来ました!!

今回の実習経験から、

1.全員が声を掛け合って協力すること
2.報告・連絡・相談
の大切さを学びました。

大きな機械音がするなど慣れない環境への対応力も身に付いたうえに、
疲れだけでなく、充実感や達成感を感じることが出来ました。
また、就職に向けて大きな一歩になったと思っています!
倉敷校生徒

岡山校見学会スタート!


本日より岡山校の見学会スタートしました!

暑い中お越しいただきましてありがとうございます!

まずは、概要について説明させていただき
授業を見学していただきました。

概要について
皆様真剣に聞いていただき
ありがとうございました!

今週いっぱいが見学会の一週間となっています。

まだ若干の余裕がある日にちもございます。
そして、今週以外での見学のご希望もお受けしております。

ご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら
お気軽に お問い合わせください!

お知らせ1

企業見学に行って参りました!

この度、7月20日に倉敷校を代表してスタッフを含め8名が企業見学に行って参りました!
見学先はさまざまな料理のアクセントとして欠かせないネギの洗浄や加工を行っている事業所です。


作業は基本、流れ作業でネギがベルトコンベアで運ばれており
細かな作業や機械で対応できない作業を人が手を加えて作業を行っています。

ではここで作業工程を説明致します。
1.ネギを並べる
ベルトコンベア上に人がネギを並べていきます。この作業がなければ全ての作業を行うことができません。
何事も最初が肝心なのです!
2.洗浄
機械がジェット水流で一気に汚れを吹き飛ばします。
3.サイズごとに分別
きれいに洗い流されたネギたちはここで大小二種類の容器に分別されます。
この工程により、後の作業がグンと楽になり、作業がはかどります。
ベルトコンベアの出番はここまでです。
4.余分な個所を切る
見た目や食べたときの舌触りを改善するため、葉の先端部分とネギのサビをカットします。
5.指定されたサイズにカット
ここで注文されたサイズにカットしていきます。3~5mmの輪切りにカットすることが多いそうです。
6.梱包
500gごとに梱包します。袋に詰め、シーラーで封をしていきます。

今回の見学でネギ一つをとっても、
様々な方の努力や苦労によってようやく成り立つものであるということを学びました。
見学先までは距離があり道中だけでも疲労がうかがえる方もいましたが、
実際に見学場所に行ってみるとそれまで経験のしたことのない
流れ作業の工場の雰囲気や新しい分野の職種に触れてみたことで
今まで考えていた分野だけでなく
新しい分野にも挑戦してみたいという意欲が湧いてきました。
また、見学された方の中には、淡々とした作業を得意としているので
裁断や並べる作業が自分に向いているのではないかと
おっしゃっていた方もいました。
そして、
私たちも今まで以上に意欲的に就職活動をしていこうと改めて感じました。
最後に見学を了承してくださった事業所の皆様、本当にありがとうございました!

倉敷校生徒

卒業前、最後のお楽しみ❤

7月24日に倉敷校の皆さんで久々に美観地区に行って参りました‼
時間は1時間と長いものではありませんでしたが
全員で倉敷館に向かい集合した後はおよそ30分の自由時間を頂き
それぞれ好きな人たちと憩いのひと時を満喫することができました。

私は4人1グループを作り、グループ内で何をしたいのか相談した結果
「ソフトクリームをみんなで食べよう‼」
と満場一致でソフトクリーム屋に行くことになりました。

目的のお店に向けて
Let`s GO!!!
と思ったのですが、行く途中に何やら人だかりが…
なんとハクチョウの親子連れが泳いでいました。

(※これは美観地区のハクチョウではございません。)
たまたま通りがかった周りの方々が
「大人はきれいなのに、ひなは灰色なのねぇ」
と話されているのが聞こえ、
まさに「みにくいアヒルの子」なんだなと思いました。
また、同時に中学生の頃に写生した美観地区の波に飲み込まれそうなハクチョウを思い出しました。
その時は自身のあまりの画力のなさに落胆を通り越し、感嘆の域に達しました。

さて、話はソフトクリームに戻ります。
ソフトクリーム屋には本当に様々な味のソフトクリームがあり
より取り見取りであったわけですが
余りに種類が多すぎて逆に悩んでしまい、かなり時間がかかってしまいました(汗)
さんざん悩んだ果てにすりおろしリンゴシャーベットをチョイスしました。
中には本わさび味を選んだ勇気ある猛者もいらっしゃいました。
後から話を聞くと、本わさび味といってもソフトクリームはソフトクリーム。
ちっとも辛くなかったそうです。

私ももうすぐ卒業…。美観地区に遊びに行くのは今回が最後となりました。
こうして、様々なことが最後の一回になるのだなぁと思い
これからの残りのハートスイッチ人生を一日一日噛みしめて、生きていこうと思いました。
稚拙な文章でしたが、最後までご覧頂き、ありがとうございました。
もしまた次回書く機会があれば…。

アディオス!!!!                      倉敷校生徒