ハートスイッチ倉敷校教師・受講者の声

【岡山校】個別能力開発訓練から思うこと。

ハートスイッチでは、個別能力開発訓練の時間があります。
個別の授業では、生徒さん各自に合ったカリキュラムが充てられます。授業内容はパソコン訓練や伝票整理やデータ入力など事務系の作業や、封入作業や数かぞえ、書類の三つ折り作業、ピッキングといって注文票に書かれたものを用意するという軽作業系の時間があります。内容はスタッフさんとご相談しながら進めていきます。

パソコン訓練ではWord、Excel、PowerPointなどの授業があります。生徒さんによってはMOS(マイクロソフト・
オフィス・スペシャリスト)の資格を目指す方もいらっしゃいます。最初は簡単な書類の作成から、だんだんとレベルが上がっていきます。いろんな機能があったのだと、パソコンの便利さや
おく深さ
がわかっていきます。
私はパソコンに苦手意識がありましたが、今は考えることもありますがパソコンに触れる時間が楽しく
なりました。

ピッキングの時間では、注文票に書かれた一見、種類の分かりにくい道具を準備していきます。最初はわか
るものを準備するのですが、だんだん種類が難しくなっていきます。準備が終わったら確認してもらいます。
私はミスがないときには「よしっ」と思っていました。

自分の中で一歩踏み出せないことがあるかもしれませんが、ハートスイッチには「その先」があると思いま
す。就労移行支援事業所という存在が世の中に浸透していくことや、障害を持たれた方の就労が当たり前になっていくことを心から願っています。その中で、ハートスイッチがみなさんの「その先」へ近づくためのい
きやすく相談しやすい存在になっていただければと思います。

ハートスイッチ岡山校 利用者